So-net無料ブログ作成

ページランクとは [ページランク]

ページランクとは

ちょとSEO対策にもかなり深く関わってくる部分なので、
他の記事で言葉を出す前に、
ここで解説しておきます。

ページランク (PageRank) とは、ウェブページの重要度を決定するためのアルゴリズムであり、検索エンジンのグーグルにおいて、検索語に対する適切な結果を得るために用いられている中心的な技術。

名称の由来は、ウェブページの"ページ"と、グーグルの創設者の一人、ラリー・ペイジの姓をかけたものである。

PageRankはグーグルの商標であり、また PageRank の処理は特許が取得されている(アメリカ合衆国特許第6,285,999号)。
ただし、特許はグーグルではなくスタンフォード大学に帰属しており、グーグルはスタンフォード大学から同特許の権利を独占的にライセンスされている。
なお、同大学は特許の使用権と交換にグーグルから180万株を譲渡されているが、その株式は2005年に3億3,600万ドルで売却された。

※引用wikipedia


となっております。

ページランクの概要は

PageRank アルゴリズムの発想は、引用に基づく学術論文の評価に似ている。

学術論文の重要性を測る指標としては、被引用数がよく使われる。
重要な論文はたくさんの人によって引用されるので、被引用数が多くなると考えられる。
同様に、注目に値する重要なウェブページはたくさんのページからリンクされると考えられる。
また、被引用数を用いる考え方以外にも、「被引用数の多い論文から引用されている論文は、重要度が高い」とする考え方が以前から存在した。
ウェブページの場合も同様に、重要なページからのリンクは価値が高いと考えられる。
ただし、乱発されたリンクにはあまり価値がないと考えられる。
リンク集のように、とにかくたくさんリンクすることを目的としている場合には、リンク先のウェブページに強く注目しているとは言い難い。
この発想を、数億から数十億ページにのぼるウェブページのリンク関係にも適用したのが PageRank である(PageRank の登場まで、このような大規模なリンク関係に適用するのは難しかった)。
この方法を適用することにより、仲間内でリンクし合っているだけのサイトの重要度が上がりにくくなり、リンク集のような多くのリンクを張っているだけのサイトからのリンクの重要性を相対的に減らす効果がある。

結果、このページランクの発想でWEBサイトの人気度をはかり、
約200ほどあるロジックの内のひとつである、とは言われていますが、
検索順位にも影響をおよぼす要因、と言われ、
今でも多くのSEO業者やサイト管理者が、
被リンクを増やし、
サイトのページランクを上げようとがんばっています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。